保険は適用されるのか

漢方薬に保険は適用されるのか

漢方薬に保険が適用されたら、支払う費用が安くなり、利用しやすくなるのにと考える方もいるでしょう。

保険が使えるのか、使えないのか。

これは、病院によって決まるようです。

病院では西洋医学に基づいて、漢方薬を処方する場合があります。

医師の診断のもとに処方されている処方薬と同じですから、保険が適用されます。

しかし、漢方薬局などでは自由診療となり、保険が適用されません。

また、病院でも自由診療としている場合は、保険が適用されず、費用がそれなりにかかる場合があります。

ですから、保険が適用されるのかどうかは、医師や薬剤師に尋ねると良いでしょう。

親切丁寧に教えてくれるはずです。

逆に、保険が適用されるのかどうか、親切丁寧に教えてくれない病院や薬局は、利用しないほうが賢明でしょう。

保険が適用されず、漢方薬の費用が高いと考えている方は、生薬配合のサプリメントを検討するのも良いかもしれません。

漢方薬は生薬を2種類以上使って作られるものであり、もとは生薬です。

そして、生薬1種類のみで漢方薬として処方されることは、ほとんどありません。

現在、生薬配合のサプリメントがたくさん登場していて、気軽に、しかも安く漢方の効果を実感したいという方から、大変な人気を集めています。

ただ、あくまでもサプリメントですから、病院や薬局のものとは異なり、効果は弱いようえす。