便秘に効く

便秘に効く漢方薬

便秘になる原因は、人によって異なります。

ですから、便秘の場合、原因を考えて漢方薬を選ぶと良いようです。

胃腸の働きが悪くて便秘になる方もいるでしょう。

水分不足が原因で、便秘になる方もいると思います。

ですから、原因をよく見極めて、それに合う漢方薬を選んでください。

便秘に効く漢方薬に、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)があります。

桃核承気湯には、血流を整えてくれる効果が期待できます。

使われている生薬は、

  • 大黄(ダイオウ)
  • 芒硝(ボウショウ)
  • 桃仁(トウニン)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 甘草(カンゾウ)

です。

大黄(ダイオウ)には、胃を健やかに保つ効果が期待できます。

緩やかな下剤として活用できるので、市販の便秘薬と異なり、お腹が痛くなることなく、便秘を改善することができるでしょう。

芒硝(ボウショウ)は天然の結晶硫酸ナトリウムのことで、緩やかにお通じを改善してくれる効果があります。

また、利尿薬としても効果を発揮してくれるので、むくみを改善することもできる生薬のようです。

桃仁(トウニン)には、抗炎症作用、抗アレルギー作用が期待でき、また、月経不順にも効果を発揮してくれます。

血の巡りを改善し、胃腸の働きも正常にしてくれますから、便秘を緩やかに解消することができるでしょう。