不眠に効く

不眠に効く漢方薬

不眠の原因を、漢方では陽と陰のバランスが崩れているからと考えるようです。

陽は昼間で陰は夜。

夜になれば自然と眠くなるものなのに、眠くならないのが不眠症。

ですから、漢方では意識の乱れを改善することにより、陽と陰のバランスを整え、不眠を解消します。

不眠に効く漢方薬に、柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)があります。

柴胡加竜骨牡蛎湯には神経の乱れを整え、心身ともに状態を安定させる効果があります。

心身ともに状態を安定させる漢方薬ですから、高血圧や動脈硬化に伴う症状も改善することができるようです。

使われている生薬は、

  • 柴胡(サイコ)
  • 竜骨(リュウコツ)
  • 牡蛎(ボレイ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 大黄(ダイオウ)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 人参(ニンジン)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)

です。

柴胡(サイコ)は体内の熱を下げる効果があり、また、精神を鎮める作用もあります。

ですから、この生薬を服用すれば、夜になれば熱が静まり、精神の高ぶりを抑え、安眠することができるでしょう。

竜骨(リュウコツ)は大型哺乳類の化石化した骨のことで、鎮静作用、消炎作用があります。

この生薬は、高血圧による立ちくらみなどにも効果があるようです。