不妊症に効く

不妊症に効く漢方薬

不妊の原因は、様々あります。

女性の身体に問題がある場合もあれば、男性の身体に問題がある場合もあるのです。

そして、女性の身体に問題がある場合、ホルモン障害、子宮などの機能に問題がある場合、卵管の障害などが考えられます。

漢方薬で不妊症を改善しようとするならば、原因を探り、その原因に合わせたものを選ばないと、効果は期待できないでしょう。

漢方薬が効果を発揮する不妊症は、その原因が血行不良やホルモンバランスの異常、自律神経の乱れにある場合です。

原因にぴったりな漢方を服用すれば、不妊を解消できる確率は格段に上がるでしょう。

不妊症に効く漢方薬に温経湯(ウンケイトウ)があります。

温経湯には、血行を改善し、身体を温める効果があり、月経痛をはじめ、冷えが原因となっている女性ならではの悩みに効果があります。

冷えが原因で生理不順となっている方がこの漢方薬を服用すれば、妊娠が期待できる体質になることができるかもしれません。

使われている生薬は、

  • 麦門冬(バクモンドウ)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 当帰(トウキ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 川きゅう(センキュウ)
  • 人参(ニンジン)
  • 牡丹皮(ボタンピ)
  • 呉茱萸(ゴシュユ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 阿膠(アキョウ)

です。