月経痛に効く

月経痛に効く漢方薬

月経痛に効く漢方薬は、血行を改善してくれるものです。

漢方では月経痛の原因を血行不良と考えるようです。

血の巡りが悪いと身体が不調となり、月経痛や月経困難といった症状に悩むようになるのだとか。

ですから、月経痛に効く漢方薬を服用すると、月経痛だけでなく、血行不良で起こっている他の不調も改善することができるでしょう。

月経痛に効く漢方薬に、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)があります。

桃核承気湯は、女性ならではの悩みを解消してくれます。

月経トラブルはもちろんのこと、それに伴う精神不安にも効果を発揮してくれるようです。

血行が良くなるので、便秘も解消することができるのだとか。

まさに、女性にぴったりな漢方薬でしょう。

この漢方薬に使われている生薬は、

  • 大黄(ダイオウ)
  • 芒硝(ボウショウ)
  • 桃仁(トウニン)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 甘草(カンゾウ)

です。

大黄(ダイオウ)は、便秘解消効果に優れた生薬です。

胃を健やかにする効果があるので、食べ物の消化を助け、血流も促してくれます。

芒硝(ボウショウ)は天然結晶の硫酸ナトリウムで、胃腸を健やかに保ち、便秘を解消してくれる効果を持ちます。

桃仁(トウニン)はその名からも分かるとおり、モモやノモモの成熟した種子を乾燥させたもので、月経困難や月経痛、下腹部痛に効果を改善してくれる生薬です。