神経痛 関節痛に効く

神経痛 関節痛に効く漢方薬

神経痛 関節痛に効く漢方薬に、桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)があります。

桂枝加苓朮附湯は、水分の代謝を改善し、体を温める効果が期待できます。

ですから、寒いと身体の節々が痛むという方に大変オススメの漢方薬です。

この漢方薬に使われている生薬は、

  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 茯苓(ブツリョウ)
  • 蒼朮(ソウジュツ)
  • 附子(ブシ)
  • 大棗(タイソウ)

など。

茯苓(ブツリョウ)には、泌尿器系の炎症や利尿、下痢などに効果が期待でき、蒼朮(ソウジュツ)には、利尿、発汗、鎮痛などの効果が期待できます。

水の代謝を促すのですから、利尿、発汗の作用には大変優れている漢方のようです。

水の代謝が整えば、身体が温められ、身体の節々の痛みは改善されるでしょう。

そして、神経痛 関節痛に効く漢方薬に、五積散(ゴシャクサン)もあります。

五積散は血行や水の代謝を整え、身体の冷えからくる痛みに効果が期待できます。

使われている生薬は、

  • 蒼朮(ソウジュツ)
  • 陳皮(チンピ)
  • 当帰(トウキ)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 枳実(キジツ)

などです。

陳皮(チンピ)とは、完熟みかんの皮を干したもので、発汗作用や鎮咳作用が期待できます。

当帰(トウキ)は血の巡りを改善する効果が期待できるので、身体を温めることができ、冷えからくる痛みには大変効果があるでしょう。