肩こりに効く

肩こりに効く漢方薬

肩こりに効く漢方薬に、葛根湯(カッコントウ)があります。

葛根湯は、風邪に効果のある薬としてもお馴染みではないでしょうか。

この漢方薬の名前の風邪薬がドラッグストア店頭にも並んでいるので、家に常備している方もいると思います。

この葛根湯(カッコントウ)、風邪以外にも、肩こりや頭痛に効果があります。

発汗作用があるので、熱を発散し、様々な症状を改善してくれるのです。

この漢方薬に使われている生薬は、

  • 葛根(カッコン)
  • 麻黄(マオウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 生姜(ショウキョウ)

です。

葛根(カッコン)はその名の通り、葛(クズ)の根で、発汗、解熱作用があります。

筋肉の緊張をほぐす効果もあるので、肩こりを解消することもできます。

麻黄(マオウ)にも発汗作用があり、筋肉の緊張を解きほぐす効果があります。

肩こりは筋肉の緊張が原因で起こる場合が多いので、この生薬がぴったりではないでしょうか。

桂皮(ケイヒ)は別名シナモンなので、知っている方も多いでしょう。

シナモンをお菓子作りに使ったり、シナモンティーにして飲んでいる方もいると思います。

このシナモン、漢方では桂皮(ケイヒ)と呼ばれ、発汗作用、解熱作用、鎮痛作用を持っています。

ですから、この生薬配合の漢方薬を服用すれば、肩こりとそれに伴う痛みを解消することができるでしょう。