めまいに効く

めまいに効く漢方薬

めまいに効く漢方薬ですが、めまいの原因は様々です。

めまいは目が回ってふらつくような感覚の総称なので、その原因が貧血のこともあれば、三半規管の異常だったり、脳幹異常のこともあります。

ですから、めまいの原因が分からないと、もしかしたら、ぴったりな漢方薬は見つからないかもしれません。

ただ、漢方薬は全身のバランスを整えて症状を治めていくという薬です。

ですから、めまいに効果のある漢方を服用すると、他の気になる症状も改善され、快適な毎日が送れるようになるでしょう。

漢方では、体の水分の巡りが悪いことでめまいを起こしているのではないかと考えるようです。

ですから、苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)が処方されるでしょう。

この苓桂朮甘湯には体内の水分循環を改善する効果があり、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸などを鎮めてくれるでしょう。

使われている生薬は、

  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 蒼朮(ソウジュツ)もしくは白朮(ビャクジュツ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 甘草(カンゾウ)

茯苓(ブクリョウ)には利尿作用があるので、服用すると、体内に滞っている水分を排出することができます。

また、鎮痛作用も期待できるので、多くの漢方薬に使われています。

蒼朮(ソウジュツ)も水分代謝を活発にしてくれる生薬で、利尿作用や発汗作用があります。