副作用について

漢方薬の副作用について

漢方薬には副作用がない、と考えている方を見かけることがあります。

漢方薬の材料には生薬が使われますが、この生薬は天然植物から作られているので、副作用はないと考える方がいるようです。

確かに、一般的に漢方薬は副作用が少ない傾向にあります。

それでも、副作用が全くないわけではありません。

ですから、服用するときは、様々な注意が必要になります。

まず、自分の症状に合った漢方薬を飲むこと。

基本中の基本ですね。

自分の症状に合わないものを飲んでも、体調が整うわけがありません。

また、アレルギー体質の方も注意が必要です。

体質によっては漢方薬に使われている生薬に対してアレルギー反応を示すことがあります。

ですから、服用するときは、医師の指示や薬剤師の指示、注意書きに従ってください。

そして、服用中に体調不良を感じたら、即、服用を中止することも忘れずに。

無理して飲み続けると、体調不良が悪化するだけでは済まないことになるかもしれません。

また、医師・薬剤師にきちんと自分の症状を伝えることも重要でしょう。

身体を温めるべきところへ身体を冷ます漢方を処方されてしまっては、症状が悪化するだけです。

ただ、これらの注意点は普段、飲む薬と同じではないでしょうか。