漢方薬とは

漢方薬とは

漢方薬とは、伝統的な中国医学のひとつです。

この医学に日本オリジナルの漢方医学がプラスされ、処方されるのが日本の漢方薬。

ですから、中国では一般的ではない組み合わせで、日本では処方されることがあるようです。

そして漢方薬は、いくつかの生薬が組み合わされて成り立っています。

まれに生薬だけで漢方薬として処方されることもあるようですが、生薬イコール漢方薬ではないということは、知っておくと良いでしょう。

また、ドクダミ茶やセンブリ茶といったお茶を漢方薬として飲まれている方を見かけることもありますが、これらは漢方薬ではなく、民間療法の一種になります。

そして現在、日本の薬局で買える漢方薬も登場し、大変身近となりました。

さらに、生薬配合のサプリメントも登場し、話題となっているようです。

ただ、自分の症状に合わせ、しっかりと処方してもらいたいと考えるなら、東洋医学を取り入れているクリニックを受診すると良いでしょう。

漢方薬専門店もオススメです。

漢方薬は、体調を整えていきながら、結果として病気を治していくという薬になります。

ですから、即効性が期待できないと考える方もいるのだとか。

体調を整えながら治癒を目指すのであり、その病気をピンポイントで治すわけではないので、漢方薬治療は時間がかかるのが一般的なようです。

しかし、漢方薬の中には、即効性が期待できるものもあります。